半蔵門線でGO☆3.0

半蔵門線に繋がる田舎から都内に通う中年サラリーマンの何食べた何処行ったを綴ります。 飛行機好きで、たまにふらっと旅にも出かけます。


カテゴリ:出張族 > 国内出張

東横イン港南口天王洲アイルを5時前にチェックアウトして、灯りが灯ったばかりの東京モノレールの天王洲アイル駅へ。 ...

急遽、鳥取の工場に生産応援に行くこととなり翌朝の便が早朝なので今夜は、仕事帰りに天王洲の東横インに前泊することに。会社で当初、手配されたのは空港に近い羽田空港1、2が空室が無く蒲田の東横イン。蒲田に泊るぐらいならと天王洲アイルの東横インを調べたら空室があっ ...

井出商店でラーメンを食べてJR和歌山駅まで向かって歩くと駅前商店街のアーケードに。地方都市の課題でもあるシャッターの閉まってる商店が並ぶ中、大衆劇場があった。調べると和歌山って大衆劇場が多い。工場等が多く、大衆演劇が盛んだったのかな?  ...

和歌山城と周辺を歩きお腹もペコペコ。和歌山と言えば和歌山ラーメン。和歌山ラーメンのブームが90年代後半から2000年初めにあって、火付け役だったのが井手商店。新横浜のラーメン博物館に食べに行った記憶がある。渋谷宮益坂には、まっち棒なんかもあって人気だった。今回 ...

和歌山城岡口門の前に和歌山市民憩いの場である岡公園があります。この公園に江戸時代末期の紀州藩士であった大村弥兵衛家の長屋門が移築され今年の7月7日から公開されているので見に寄ってみました。海鼠壁の外壁はいかにも武家屋敷の門構え。門の写真を撮っているとボラン ...

今回、和歌山に寄ったのは和歌山城を一度見たいと思ったから。徳川幕府の南海の鎮であり、西日本を監視する拠点として整備された城の址を歩いてみたかったのです。徳川御三家の紀州徳川家は徳川家康の10男徳川頼宣が元和5年(1619年)に55万5千石を拝領し入国し紀州藩が成立 ...

本町まで西梅田から四ツ橋線で移動。お客様とのアポイントの時間まで20分ぐらい。駅の近くに大阪ではよく見かけるつるまる饂飩があったので入ってみることに。  ...



↑このページのトップヘ