半蔵門線でGO☆3.0

半蔵門線に繋がる田舎から都内に通う中年サラリーマンの何食べた何処行ったを綴ります。 飛行機好きで、たまにふらっと旅にも出かけます。

カテゴリ:海外旅行 > 魅力発信!茨城空港発ブロガー旅行体験記2016

茨城空港様のホームページに11月に上海を旅した記事を掲載いただきました^^
東京駅からバスで500円。
マイカーなら旅行中は無料で駐車場が利用可能。
使ってみると便利な茨城空港。
是非、ご覧いただき茨城空港を利用いただければ幸いです。
ce87f939949cbbff9ea14715c1bd716d

上海浦東国際空港ターミナル2の出発ロビー。
一番奥のAカウンターが春秋航空のチェックインカウンターになります。
LCCなので、どうしも端の方になるのは仕方ありませんね。
P1040119
続きを読む

さて、2泊3日の上海。
あっという間に帰国日です。
浦東国際空港8時40分の便に搭乗する為にホテルを4時に起きました。
モーニングコールとBEDのタイマーで起床し4時半にはチェックアウト。
昨日、検証しておいた地下通路を通って上海駅北口側から南口側へ向かいましたが…
もう、それは背筋が凍るような静けさと怖さがありました^^;
P1040109
続きを読む

今回の旅の目的は、旬の上海蟹を食べること。
上海蟹はシナモズクガニと言い9〜11月に蘇州近郊で採れる物を言う。
中国や香港、台湾では大閘蟹と呼ばれています。
日本では上海蟹、高いですよね。
小生、未だ上海蟹って食べたことありませんでした。
と言うよりも淡水の蟹って美味しいのかな?
旅に出る前からネットを調べまくりました。
日本よりは安いといっても有名処は何処も良いお値段がします。
そんな少ないネット上の情報の中から日本人駐在員もわざわざ通うというお店を老西門に見つけました。
地鉄8号線の老西門站の7号を出てからが位置関係がわかりにくて。
こういう時にネットの環境が自由じゃないというのは苦労します。
2016-11-18-22-38-15

 続きを読む

南京東路と福建中路の交差する2Fにリーズナブルな値段で蘇州麺と小籠包が食べられる老盛昌と言う上海全域でチェーン展開してるお店があります。
日本大使館もある虹橋の古北路の茅台路店が日本人の評判も良いようですが、チェーン店なので何処で食べても変わらないだろうと思って事前に調べて行ったのですが…
2016-11-18-14-03-28
続きを読む

上海と言えば、やはり外灘。
1842年にアヘン戦争で英国に敗れた清は南京条約で香港島の割譲と広州、福州、廈門、寧波、上海の5港を開港することとなりました。
以来、上海は東アジア貿易や金融の中心地となり日本も含めた列強国の治外法権を許された租界が京成され上海を東洋の摩都と呼ばれるまでに発展したのです。
そして、外灘は中国の開放政策により1980年以降、外資を呼び寄せ、1990年代には外灘の対岸の農村だった浦東地区に香港を意識した摩天楼、金融ビジネス街を開発し中国経済の象徴としました。
現在では、中国で成功を夢見る人達が上海に集まります。
P1040075

続きを読む

↑このページのトップヘ