半蔵門線でGO☆3.0

半蔵門線に繋がる田舎から都内に通う中年サラリーマンの何食べた何処行ったを綴ります。 飛行機好きで、たまにふらっと旅にも出かけます。

カテゴリ: 2014済州観光サポーターズ

済州国際空港の免税税店がDFSに変わってました。
韓国の免税店はロッテか新羅がメジャーなんですが米系のDFSになったのは何故なんでしょう?
今回、小生は免税店を覘かなかったので詳細はわからずじまいなのでゴメンナサイ。
帰りの便は済州国際空港18:20発のKE717便。
18番ゲートからの搭乗です。
DSCF6756

続きを読む

本当にあっという間の三日間。
昨日、降り立ったばかしの気がする済州国際空港。
済州国際空港は国内線の利用者数では2009年に金浦を抜いて一位になってるほど国内旅行者が多い。
沖縄に似てて、国内線で唯一、免税店がある空港らしい。
国際線は大韓、アシアナ、ジンエアー、中国東方、中国南方、吉祥、春秋、トランスアジア、香港ドラゴンが就航している、
やはり大陸からの旅行者が多い。
DSCF6742
続きを読む

済州観光サポーターズの旅もいよいよ最後の見学地へ。
大浦海岸(テポヘアン) 柱状節理帯(チュサンチョルリデ)です。
柱節理帯帯って?
漢拏山から噴出する溶岩が中文の海に流れ込んで形成された大小の四角形や六角の石柱(30m)からできている場所なんです。
DSCF6723
続きを読む

済州島で最後のお食事になります。
昼食は雉料理をいただくということで向かったのは大侑ランド(テユレンドゥ)という場所。
ランドというんで遊技場かと思ったら常設狩猟場で狩猟免許がなくても狩りを楽しめる施設なんだそうです。
観光客には射撃場としても有名な施設です。
DSCF6696

 続きを読む

バスで龍頭海岸の入口に戻って来ました。
龍頭海岸を見下ろすようにそびえ立つ山房山(サンバンサン)。
この山は、済州では珍しい噴火口の無い山。
標高395mの西南側の絶壁洞窟に仏像が安置されていて山房窟寺(サンバグルサ)と呼ばれる寺院があります。
高麗(918~1392)の時代に高僧慧日法師が建立したそうです。
DSCF6629
 続きを読む

済州島のグランドキャニオンと呼ばれる龍頭(ヨンモリ)海岸に来ました。
約100万年前に水中火山活動で形成され長年にわたり堆積と浸食によって積層された海岸の絶壁が龍の頭(ヨンモリ)のように見えることから龍頭(ヨンモリ)海岸と名付けられたそうです。
DSCF6632

続きを読む

↑このページのトップヘ