半蔵門線でGO☆3.0

半蔵門線に繋がる田舎から都内に通う中年サラリーマンの何食べた何処行ったを綴ります。 飛行機好きで、たまにふらっと旅にも出かけます。

カテゴリ: 韓国観光応援団

昨年の4月に895名の韓国観光好きが集まり発足した韓国観光応援団。

男性は14%という少ない団員の中で、1年通して自分なりにミッションは果たせたかなと。
2回ほど4月、12月の記事も選んでいただきました。
また、応援団とは別に済州観光サポーターズとして済州島の魅力を発信することもできました。

心残りは日韓国交正常化50周年の記念する年も両国の距離感が縮まっていないこと。
SNSで知人等の書き込みを見ていても政治問題から嫌韓の風潮は高まるばかり。
旅して、人と接することで本当の韓国を知ることができます。
考え方や求めるものが異なっても同じ人間。
小生は、無理に知人に韓国を好きになってくれとは言いません。
ただ、否定だけでは何も始まらないのではと思っています。

今、縁あって仕事でも韓国に関わっています。
拙Blogで書く韓国は、何が美味いとかB級な話題が中心ですが、これからも少しでも誰かの関心となって韓国に旅してみようという気持ちをもっていただくお手伝いになれば幸いです。
自由に行き来できる両国関係。
ここだけは失いたくないですね。

1年間、お付き合いいただきありがとうございました。

DSCF6212
※2014/10 済州島にて

韓国観光応援団【2月ミッション】は、流行りのバトン形式w
あまりこういうの得意ではないんですが^^;

韓国観光応援団バトン!1問1答形式

1:訪韓回数: 15回ぐらいだったかな
2:初めて韓国へ行ったのはいつ誰と?: 2003年9月 家族で 
3:韓国へ行くことになったきっかけ: 月並みですが、冬のソナタを見て
4:初めて訪れた韓国の都市: ソウル
5:初めて訪問した韓国の第一印象: 社会人になりたての頃の日本のように映りました
6:最後に韓国へ行ったのはいつ?: 2014年10月
7:行ったら必ず食べるもの:  ティギム、チョッパル
8:行ったら必ず訪れる場所:  麻浦
9:行ったら必ず買うもの: チャミスル
10:いつも誰と行く?: 家族または一人
11:ソウル以外で行ったことのある地方都市: 釜山、大邱、済州
12:まだ訪れていないけれどいつか行きたい場所: 全州
13:好きな韓国芸能人: ソン・ユナ
14:韓国以外によく行く国: 台湾
15:よく使うSNS: twitter、Facebook

黄砂の時期が終わったら麻浦の横丁にマッコリで一杯呑みに出かけたいな^^
IMG_0067
 
 

今年は日韓国交正常化50周年なんだそうです。
残念ながら現状の日韓交流はまったくといって良いほど好転していません。
すべてを日本人の立場からすれば受け入れられませんが、政治問題がそのまま日韓交流に影響しているのは事実で、韓流ブームで友好的になった韓国観もヘイトスピーチやネガティブな発言で韓流ブームが始まった2003年前に戻ったかのような印象もあります。
そんな小生の生まれた東京オリンピック前後の世代は正直、韓国という国には近くても遠い国と近寄りがたい国と今でも思っている方も多く見受けられます。
その辺のところは以前の記事に書きましたんで、よかったらご覧ください。


P1020239

続きを読む

早いもので4月より活動を開始した韓国観光応援団もはや9回目のミッション。
今回のお題目は「私が想像する2015年の韓国観光とは?」。
ところで韓国旅行好きの皆さん、韓国観光公社のブランドロゴが変わったのはご存知ですか?
韓国観光公社の新しいロゴ「Imagine your Korea」は公社のWebを見ると韓国の活気に満ちたショッピング街、魅力的で創造的な文化コンテンツなど、韓国の様々な観光資源を観光客の視点から表現したフレーズなんだそうです。
チマチョゴリの袖がウエルカムを表現してるんでしょうか?
いいデザインだと思います。
SLOGAN
続きを読む

韓国観光公社様からセットで送られてきた韓国最大手化粧品会社アモーレパシフィックのヘアケアセット「呂」。
正直、また女性向けの企画かと思い戸惑いながらパッケージを早速、開けて使ってみました。
2014-11-24-18-42-35

続きを読む

毎回、ハードルの高いお題目が課せられる韓国観光応援団。
小生、作りましたよ。
とは言っても鍋。
もどきな韓国料理風なソルロンタン風の牛鍋です。
2014-10-26-20-36-24
 続きを読む

↑このページのトップヘ