発着掲示板を見て乗り継ぎの搭乗GATEへ移動。
スワンナプーム国際空港も広くて広くて、結構歩きます。
IMG_7377
 
あれ、また下に降りるの?
IMG_7378

どうやら、また沖止めのようですw
IMG_7380

はい、成田までの機材はA350です。
これに乗りたい為に成田帰りにしましたから^^
帰りの機材紹介です。
何と驚くことに今年5月に導入されたばかしの最新機材。
IMG_7382
搭乗便 TG642便
区間  スワンナプーム(BKK)23:50 → 東京成田(NRT)08:10
クラス エコノミークラス
機材  A350-941XWB
機番  HS-THN

ロールス・ロイスが独占するエンジン。
IMG_7383
 
777よりも大きい複合材の主翼。
こんなのが間近で見れるのは沖止めのおかげです。
IMG_7384

ボーディングブリッジは便利ですが、タラップを一段一段昇って行くのも趣があって良いですよね。
IMG_7386

エアバスの真ん丸い窓。
IMG_7387

真新しい機材なのでピカピカ。
この座席配置も面白くてお見合い席の前は2席で、その後ろ席は3列なんですが前が開放状態なんです。
ドアの構造と形状によるものなんですが、圧迫感が無くて良いですね。
IMG_7389

主翼にはウイングレットにタイ国際航空のCIが。
伝統的なデザインにシルク、寺院、蘭をイメージした格式高いんですがセンスが良いですよね。
IMG_7393

スワンナプーム国際空港を離陸。
IMG_7395

前に座席が無いので折りたたみテーブル。
何だかプレミアムエコノミーにでも乗ってるような錯覚を覚える座席ですw
IMG_7398

深夜便ですから、水とサンドイッチにアイマスクやら耳栓が入ったアメニティセットも配られます。
FullSizeRender

すぐに就寝タイムとなるんですが、寝酒がわりにタイ国際航空ですからシンハーをいただいてサンドイッチをつまむことに。
IMG_7401

快適なシートポジションだったので、ぐっすりと寝れました。
機内の照明が点灯し、機窓の外を眺めれば雲海と真っ青な空。
とても良い目覚めです。
IMG_7404

朝食が配られました。
絶対、タイ国際航空のエコノミーはおススメ。
温かなクロワッサンですよ^^
FullSizeRender

朝食は酢豚。
いきなりヘビーなのが来ましたw
でも、お味は本当美味しいんですよ。
毎回、違う食事が食べられて飽きません。
FullSizeRender

モーニングシンハーいただきましたw
IMG_7407

シャンパンは無いですが同じ泡で乾杯♪
IMG_7408

フルーツもドラゴンフルーツにパイナップルに西瓜と良い良い。
IMG_7409

垂直尾翼にオンボードカメラが有るんですね。
シートモニターでフライトしてる状況を楽しめます。
それにしてもロイヤルシルクのカラーが映えますよね。
すっかりタイ国際航空のファンです。
IMG_7410

だんだんと降下を開始。
IMG_7415

おお、ブロッケン現象^^
何だか嬉しいですよね。
IMG_7417

太平洋側からのアプローチ。
IMG_7418

成田は曇ってますね。
IMG_7420

とても安定した着陸。
これまで乗ったエアバス機の中で一番静かな着地だった。
IMG_7424

これで2度目の350でしたが、JALの導入するA350がどんなふうにまとめられてるのかが楽しみ。
IMG_7427

エコノミーのシートピットは広く無いんですが、この2列座席の後ろ列の窓際は最高なシートです。
IMG_7429

またタイ国際航空に乗りたくなるインテリア。
IMG_7430

今度はスタアラのステータスを取ったらタイ国際航空に凱旋搭乗しますw
IMG_7431

何度見ても良い飛行機だな。
IMG_7432


国際線での修行もこれがラスト。
IMG_7435

プラチナ、達成できたかな?
結果が楽しみ^^
さて、家に帰りましょう。
IMG_7438