今回の旅は、蟹の市場として有名な韓国釜山の機張市場で日本人向けのイベントを行っているという記事を見て、無性に韓国に行きたくなりまして^^;
2週間前に特典航空券を検索したら往路成田発で釜山の復路インチョンから成田着に空席が有り、しかも11000マイルで発券できるので即、発券。
最近、思い立ったら旅に出る事が多くなりました^^
そうと決まれば、宿の手配、Wi-Fiレンタル等の手続きを全て、通勤中にスマホで済ませられるのが便利な時代。
そして、外貨両替もLINE PAYを使えば家に宅配までしてくれるのです。
FullSizeRender



レートは新韓銀行の当日レートで宅配代もかかりません(現在は、宅配料無料のキャンペーンは終了してます)。
LINE PAYには韓国内ではATMを利用した外貨両替も可能です。
FullSizeRender

LINE MOBILEならLINEのサービスも利用しやすく通信料もカウントフリー。


今回はウォン高でしたが、15,030円で150,000Wに両替ができました。
IMG_4072

さて、出発当日。
いつものように京成のアクセス特急を利用して成田空港第2ターミナルまで。
本当に外人さんの多い一般特急です。
スカイライナーを利用してるのはビジネスマン位じゃないかなと思ってしまいます。
特にアジア系の旅行者は、ほとんどがアクセス特急に乗ってるんじゃないかと。
IMG_4077

今回はJALですから絨毯のあるほうのカウンターを利用させていただいてのチェックイン。
IMG_4080

出発は混雑してます。
IMG_4084

そんな混雑にもかかわらず、平JGCでもJALファーストセキュリティレーンを使わせていただけるので、いつもながら感謝です。
IMG_4085

残念ながら、こちらばかしはサクララウンジしか入れません^^;
羽田はJAL様のご招待で入らせていただいたことがあるのですが成田のファーストクラスラウンジは未だ入ったことがありません。
成田は職人さんが握る寿司がいただけるんですよね。
いいな…
IMG_4088

日本の翼のおもてなしの玄関であるフロントカウンターにはお内裏様とお雛様が。
Beautiful!
今日は雛祭ですね。
IMG_4089

利便性で羽田の国際線が拡大しても日本の空の玄関である成田。
その成田第2ターミナル本館のサクララウンジは、サービスこそファースト志向になり若干、落ちて来ても日本のエアラインとしては最高に格式のある造りだと思います。
このエスカレーター正面の桜をあしらった屏風を見るといつもそう思います。
IMG_4090

まずはダイニングフロアーへ。
ダイニングフロアから見下ろす螺旋階段。
何度来ても一流ホテルの様です。
IMG_4096

しっかり泡も用意されてるのが嬉しいです。
IMG_4091

朝シャンに朝カレー。
牛肉ゴロゴロのJALのビーフカレーを食べたいが為にJGCになったと言っても過言ではありませんw
IMG_4092

朝食時間帯ですから和食も充実しています。
何と言ってもJALセレクトの白米の美味しいこと。
今は山形産のはえぬきです。
IMG_4094

そして、何よりも明太子。
プチプチの大ぶりな明太子。
プリン体なんて気にしてられませんw
朝の明太子、絶対に外せません。
こちらは、聞くところによれば、やまやの明太子なんだそうです。
IMG_4095

食事を終えて寛ぎのコーナーへ…
IMG_4098

食後は、ごめんなさい。
ワンワールド・サファイアとして他のラウンジへ。
IMG_4100

私がJALと並んで大好きなエアライン、キャセイパシフィック航空のラウンジへ。
IMG_4108

成田のキャセイラウンジでは唯一、一番搾りスタウトがサーバーからいただけるんで必ず寄らせていただきますw
一番搾りスタウトとハートランドは小生にとっては別格のビール。
黒ビールを用意するところにキャセイパシフィック航空が英国系であることを再認識させてくれます。
CathayPacificAirways。
AirwaysはBritish Englishですものね。
IMG_4101

何度も書いてますが、成田のキャセイラウンジは香港や羽田と比較するとシンプルなラウンジです。
本来のラウンジとしての空間に特化してますから食事を期待するところではありません。
お酒かお茶を飲み搭乗時間を待つラウンジなのです。
でも、居心地は最高に良いと思います。
それはインテリアのセンスの良さかな。
グリーンや赤と言ったキャセイのCIに合わせたソファやクッションにセンスを感じます。
ソファの座り心地も申し分なし。
IMG_4102

そして、ハーゲンダッツをいただけるのも二重丸^^
抹茶をいただきました。
IMG_4105

毎回、成田ではお決まりのラウンジ周遊コース。
最後は、カンタス航空のビジネスラウンジです。
IMG_4111

カンタスはオーストラリアのエアラインだけにオーストラリアのワインが充実してます。
FullSizeRender

泡もオーストラリアのJacobs creekのシャルドネ ピノ・ノワール
辛口ですが製法がシャンパーニューに習って、酵母とかもこだわってるだけにフルーティさと辛口ならではの爽やかさが印象的です。
IMG_4113

アライアンスのステータスでラウンジ周遊を楽しむのをラウンジ乞食と嘲笑する方もいます。
でも、せっかくの空の旅。
各国のエアラインのおもてなしを楽しむことは、決して恥ずかしいことでは無いでしょう。
もちろん、マナーと節度を守ってが大人として当たり前ではありますが。
IMG_4114


ワンワールドステイタスを取る入口はJALマイレージバンクからJGCを目指せ!
JAL日本航空 JMB入会

kara3の今回の旅はJALで
JAL 日本航空 国際線航空券