休日の土曜日は生憎の雨で、沖縄は梅雨入りだったそう。
午前中、都内での用事があり出かけた帰りに日暮里で途中下車。
お昼を食べに日暮里駅前のステーションガーデンタワー3Fにある六文そば日暮里1号店に寄ってみました。
日暮里の六文そばというと再開発前の1号店と昔のままの2号店は何度か利用してたんですが、再開発後のステーションガーデンタワーができてからの1号店は初めて。
正直、六文そばとは思えない綺麗なお店ですw
夜は立呑み店も兼ねてるようですね。
2017-05-13-12-21-42

六文そばと言えばゲソ天そば一択。
今日は奮発してジャンボケソ天420円にしました。
2017-05-13-12-21-46

ジャンボゲソ天を冷やで注文。
あれ、何かビジュアルが違うぞ。
葱入れホーダイと唐辛子は六文そばならでは。
2017-05-13-12-11-04

でもね、何か違うんだよね。
お蕎麦がこちらは生麺なんだそうです。
あの馴染み深い茹で麺とはビジュアルが異なります。
この麺に合わせてなのか冷やだからなのかおつゆも薄い感じがしなくもありません。
悪くはないんですが、これだと何かインパクトが薄れてるような。
2017-05-13-12-12-51

でも、ジャンボゲソ天はお見事。
2017-05-13-12-12-25

持ち上げてみても、この大きさ。
2017-05-13-12-13-35

ゲソのダイスを見てください。
大きくて柔らかい。
やはり六文そばのゲソ天は感動を呼びますね^^
2017-05-13-12-17-26

何か、生麺がしっくりこなかったので傘をさして、あの店へ行くことに。
はい、日暮里と言えば一由そばです。
2017-05-13-12-36-55

六文そばでジャンボゲソ天をいただきましたから、そばを半玉でハーフで貰える紅生姜天と春菊天で温かいそばで注文。
半玉そば110円にハーフ天2個で100円で合わせて210円。
安過ぎます。
ビジュアルは、これこれ。
葱に唐辛子、盛りホーダイは六文そばスタイル。
それもそのはず、一由そばは六文そば出身の社長さんのお店ですから。
2017-05-13-12-28-28

この茹で麺がいいんですよ。
濃い目のつゆに小麦粉のしっかりした麺(いちおう蕎麦ですね)^^
2017-05-13-12-29-38

蕎麦はお馴染みの興和物産。
2017-05-13-12-35-36

春菊天。
こちらの天ぷらは絶品。
揚げ置きでも油が回り過ぎたりもなく全くノープロブレム。
2017-05-13-12-29-48

紅生姜天もヒリヒリするぐらいの刺激がクセになります。
天ぷらをハーフの組み合わせ楽しめるなんて神店です。
しかも充実の一杯がかけそばで半玉だけだったら110円で楽しめるなんてはなまるよりおトクじゃありませんか^^
2017-05-13-12-29-55