タイーヤマルゼン、タイヤマルゼン♫
一度聞くと忘れられないCMのタイヤショップ。
早速、我が家の新しいクルマ、プレマシーのタイヤ交換に出かけて来ました。
2017-02-06-13-18-22
新しく乗り換えたプレマシー20CSはスチールホイールにホイールキャップ。
195 65R15と何か、ファミリーカー然としていて足回りの見栄え悪すぎでして。
2017-02-06-13-17-15

で、タイヤ山も6.5~7分ぐらいでまだまだ使えるタイヤなんですが、装着してたタイヤはFEDERALのFORMOZA FD2というタイヤ。
FEDERALは台湾のメーカーで、
FORMOZA FD2はミニバンにも対応したタイヤだそうだ。
日本では大手カー用品チェーンでも取り扱いがあり、アジアンタイヤでは評価が高いよう。
しかし、乗り心地が硬すぎるんです。
2017-01-29-08-43-30

はなからタイヤ交換前提でいましたから、先に準備しておいたプレマシーの16インチ純正アルミホイールに装着できるタイヤを物色。
しかし、205 55R16のタイヤは国産だと1本最低でも6,000円前後と高いんですよね。
で、タイーヤマルゼン、タイヤマルゼン♫にTELして取り寄せ。
店頭取り付けはWebでは買えないので、料金前払いの取り寄せで。
ちょっと不安もありましたが、そこそこ評判の良いWINRUN R330という中華タイヤを購入してみました。
4本取り付け、バランス、窒素充填で税込20,200円。
image

上尾のカーポートマルゼンまでホイール積んで向かいます。
まずは、プレマシー自慢のからくりシートを収納して荷室を広げます。
2017-01-29-13-16-52

2列目の左座席の座面を畳みます。
2017-01-29-13-21-52

座面下の収納に2列目センター席の座面を格納。
2017-01-29-13-21-59

センターシートのシートバックは肘かけとしても利用でき、後方に向けることでウォークスルーになります。
2017-01-29-13-22-26

実際は3列目を畳むだけで広々な荷室。
ホイール積んで、いざマルゼンへ^^
2017-01-29-13-36-17

あのマルゼンのCMの記念写真コーナー、笑っちゃいますね。
2017-01-29-15-56-39

マルゼンでのタイヤ取り付けは予約とかはできず、順番制です。
30分待ちぐらいで取り付けが始まりました。
残念ながら装着前に取り寄せたタイヤを見せてとお願いしましたが、ダメでした。
2017-02-06-13-19-32

マルゼンは、大手カー用品チェーンよりもタイヤの装着にこだわりがあります。
image

作業も迅速。
確認作業等も一人でなく2人で確認。
2017-01-29-15-52-06

無事、インチアップとなりました。
格好良いですね^^
2017-01-29-16-02-16

WINRUN R330 205 55R16
made in China
0416(2016年第4週製造)※さすがに在庫品ですね(>_<)
Comfort Type

ググるとWINRUNは中国のワンリタイヤという大手メーカーの製品の様。
日本のWebサイトとか無いので、詳細はわかりづらいが欧米も含めグローバル展開しているみたい。
2017-01-29-16-02-34

中華タイヤは、たしかに丸っこいw
パターンは、シンプルですな。
91670kmで装着。
20000kmは走れるかな?
走行した印象は、想像していたより柔らかい。
直進性やコーナリング性能はまったく問題なし。
国産に比較してロードノイズは拾いますが、一昔前の国産タイヤレベルでは?
ブレーキは、ちょっと早めに踏んだ方がいいかも。
また、改めて書いて行きますね^^
2017-01-29-16-02-46