今週も伊勢崎の倉庫から仕事がスタート。
今日は湿度も高く50過ぎのオヤジにはきつい日でした。
せめてもの気分転換に同じく早期退職組の女史とお昼は気分転換も兼ねて県道横浜伊勢崎線を20分ぐらい歩いて厚木市にあるらーめん研究所へ。
初めてのお店なので迷いました。
とりあえず券売機で黒醤油らーめん中盛り850円の食券を購入してカウンターに着席したのですが…
麺、スープのタイプを番号で選ばなければなりません。
太麺が食べたかったので1番に。

ほどなくして黒醤油の1番中盛りが着丼。

ビジュアルは富山ブラック?

濃厚な豚骨に焦がし醤油を合わせてるのでしょうか?

麺は縮れのある、ちょっと家系ぽい太麺。
はっきりした濃い口のスープにぼけることない組み合わせ。

なかなか、奥の深い一杯。
他の番号のらーめんも研究成果を味わってみたくなります。
ただ、お値段は少し高めかしら。
この界隈のラーメンは全体的に店が競合してないからか、強気な値段な気がします。