朝、目覚めてテラスに出てみました。
昨夜はチャペルしか見えず、てっきりガーデンビューと思っていた部屋から海が見えました。
絶壁の上に建つホテルなので低層階でも海は見れるんです。
すごく幸せな気分に。
やはり済州のリゾートホテルに泊まるなら海が見たいですよね。
DSCF6585
済州島ではよく飛行機雲を見ました。
済州観光サポーターズの旅も、いよいよ最終日です。
DSCF6586

昨日の登山とかの疲れを考量してくれて、最終日のホテル出発は10時と遅くしてくれましたのでのんびりと朝食会場のテラスカフェへ。
DSCF6588

ビュッフェスタイルですので、まずは並んでる料理を見させていただきましょう。
西洋スタイルのベーコンやウインナー。
DSCF6591

欧米人御用達のシリアル。
DSCF6590

パンも充実。
ホテルのこだわりってパンによく表現されますよね。
DSCF6593

キムチやナムルの色合いや盛り付けも綺麗で食欲をそそります。
DSCF6596

ハムもいろんな種類があって目移りします。
DSCF6597

朝食ビュッフェでライブキッチンしてるホテルは一流でしょう。
DSCF6592

ホテルのビュッフェ、一人だとあまり良い席を案内してくれません。
テラスカフェというぐらいですからテラスに出なきゃってことで席の移動を希望してテラスに。
まずは洋風に盛ってみました。
オムレツは具たっぷり。
前から気になっていたキウイドレッシング。
韓国じゃポピュラーみたい。
酸味があって癖になります。
DSCF6599

2回目は和と韓を意識して盛ってみました。
蕎麦もいただくことに。
よく食べることw
DSCF6600

おかわりのオムレツはキノコを多めにしてもらいました。
美味しすぎ。
醤油でいただいても美味しいオムレツです。
DSCF6601

海を見ながらの朝食なんて贅沢な時間。
三日目の済州も晴天にに恵まれました。
DSCF6602

この下は小生の部屋か^^
海の見えるチャペル、素晴らしいリゾートホテルです。
DSCF6606

海を眺めながらフルーツを食べて珈琲を飲む幸せ。
一人もいいけど今度は絶対、家族と一緒に来ようと思いました。
DSCF6604

東洋のハワイって決して大袈裟じゃないな。
中文海岸のプライベートビーチ。
DSCF6608

お腹もいっぱいになったのでホテル内を散歩してみることに。
小生の宿泊階の三階は、ビーチに出かけたりプールを利用するのにはすごく便利なのがわかりました。
DSCF6612

プールが素敵。
DSCF6614

子供用の浅いプールもあって家族で楽しめます。
DSCF6615

ススキが絵になる秋の済州。
DSCF6616

ホテルの周辺は遊歩道が整備されウォーキングも楽しめます。
DSCF6617

美しい景色に囲まれたハイアットリージェンシー済州。
こんなホテルに滞在してのんびり過ごす時間が贅沢でいいですね。
DSCF6618

ドーム型のホテルの建物は、どの部屋からも空を眺められるのが売りなんだそうです。
ドラマ「オールイン」でも舞台に使われ、小生が憧れていたホテルに泊まれたことが嘘みたい。
DSCF6619

特1級ホテルの銘板が象徴的。
DSCF6621

フロントも開放的です。
DSCF6624

最初、三階の部屋に移動する際、この金属質な業務用にしか見えないエレベーターにええっと思いましたが、やはり米国風のホテル。
滞在してみると洗練されてたホテルでした。
DSCF6623

部屋のデスク。
ここで一日、仕事をしたり読書をしてたりなんて夢みたいホテルライフを送ってみたいものです。
DSCF6622

荷造りをしてロビーに集合し、最終日の今日は来た時と同じ東京・大阪組と福岡・名古屋組に別れての行動。
ロビーで記念の集合写真を撮ってお別れ。
全然、話せなかった方もいたな。
28

東京・大阪組で1台のバスに乗り最終日の旅程を回ります。
DSCF6626

また機会があれば、このメンバーで集まりたいものです。
DSCF6620

☆☆☆ ホテルのデータ ☆☆☆
店名:하얏트 리젠시 제주(ハイアットリージェンシー済州)
住所:서귀포시 색달동 3039-1
電話:+82(0)64-733-1234



2014-10-19。済州三日目最終日のできごと
【取材協力:済州特別自治道】


済州ブログを更新中。励みになりますんで、どうぞポチッと応援してやってください^^