今夜の宿は中文リゾートのハイアットリージェンシー済州。
夕食を終えてまだ20時過ぎ。
夜はこれからじゃない。
でもご同行の参加者の皆さん、ほとんど反応なし。
仕方ないのでホテルに着く前にコンビニに寄ってもらいました。
セブンイレブンです。
部屋呑みのお酒と酒の肴を調達。
済州の夜がもったいない。
DSCF6573

セブンイレブンはなんと中文リゾートのロッテホテル済州の入口前じゃありませんか。
DSCF6571

せっかくだったら夜のロッテホテルも見学してみたかったな。
中文リゾートは初めてだけに残念。
DSCF6572
ハイアットリージェンシー済州に到着。
この日のチミボン登山が相当疲れたのか、本当にホテルに着いたらロビーで鍵を貰って皆さん各自の部屋に。
えって感じ。
呑もうよと言っても誘う人もいないので小生も渋々、部屋へ。
この大きな吹き抜けを囲む客室は壮観。
DSCF6582

あれ皆さん、上層階に行くんだけど…
小生と数名は何故か3Fの部屋。
上に上がるんでなくて下に下がるんです。
しかも業務用のような1基だけのステンレスなエレベーターで下階へ。
DSCF6581

お部屋はハイアットらしいアメリカンスタイルなお部屋。
ハイアットの趣味は嫌いではありませんが、年数の長いホテルなので調度品等年季を感じさせます。
DSCF6574

ツインの部屋を独り占めは毎回嬉しい限り。
DSCF6577

テレビとかは液晶にリプレイス済み。
ハイアットならではのデスクにステータスを感じてしまいます。
DSCF6578

バスルームは大理石が印象的。
トイレもウォシュレット。
DSCF6575

洗面所も大理石使いで高級感が漂う。
若干、古さを隠しきれない点もあるが鏡張りが贅沢で、一層部屋が広く見えます。
DSCF6576

で、バルコニーに出てみると眼の前はチャペル。
海は見えないガーデンビューなのか?と消沈。
後から知ったが、この部屋、実は宿泊者の中でも当たりだったかもという記事は次で。
DSCF6579

バーで呑もうかと思ってロビーに出てみましたが…
DSCF6583

独りでグラスを傾けられるような様子ではなかったのでおとなしく25時ぐらいまで独り酒。
セブンで買った済州産のみかんマッコリとビーフジャッキーにのしいかをつまみながら二日目の夜は更けてゆくのでした。
2014-10-18-22-57-56


☆☆☆ ホテルのデータ ☆☆☆
店名:하얏트 리젠시 제주(ハイアットリージェンシー済州)
住所:서귀포시 색달동 3039-1
電話:+82(0)64-733-1234



2014-10-18。済州二日目のできごと
【取材協力:済州特別自治道】


済州ブログを更新中。励みになりますんで、どうぞポチッと応援してやってください^^